ナンピンは大変です

どこにでもある初心者用のFXの教科書では「損をした時にはナンピンして、ポジション全体のコストをコントロールする」と記述されていると思いますが、正直に言うとそれはかなり大きな危険があると考えます。包茎の治療ではABCクリニックが3万円

まず最初に、ナンピンのロジックについて分かりやすく記述します。喪服 レンタル 広島

例として1ドル100円でドルを買ったとする。LINE 掲示板

$買いのため、円安ドル高に動くほど利益が出るわけだが、反対に1ドルが95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。オンラインカジノは日本語対応サイトもたくさん

このままの状態でポジションを維持し続けたらプラスになるためには損した分、円安に向わなければなりません。ミドリムシナチュラルリッチ

みんな、損は早めに戻したいと願うだろう。善悪の屑 ネタバレ

このためはじめに注文したのと同じ量の$(ドル)を売買します。

そうすると、平均の価格は1ドル=97.50円まで低くすることができる。

つまり、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと、損を回復できる。

これが、ナンピン買いの原理です。

ナンピン買いの方法を理解すると、「まちがいない」という気分になるがマーケットはそう簡単に問屋を卸しません。

だいたい、95円が底だということなど誰も想像できません。

市場がかなりの円高基調であれば1ドル95円ではとまらずより一層円高になる危険性は高いです。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピンした分についても、為替差損が生まれます。

この状況では、一番初めに買ったドルと合計でダブルで損失が生じます。

それゆえ、ナンピンは大変です。

ならば、市場が自身の台本とは逆の方向にみるみる進んでしまった場合、いかなる方法でリスクを回避すればいいのでしょうか。

選択する選択肢は限られています。

まずひとつめは潔くあきらめて、損を確定する事です。

ふたつめは、今現在、持っている買いポジションを縮小することによってもう一回市場がリカバリするのを動かないで待機する事だけです。

だいぶ控えめな手法だと考える方もいると思います。

だが、所有しているポジションに損失が生じた場合一番危険の少ない方法はこれよりいいものは考えられない。

なるほど、ロジックのうえではナンピンするという対策もあるように思えます。

しかしナンピン買いは、自身が損失を披っている場面でポジションを縮小するどころかそれとは逆に買いポジションを積んでいく方法です。

これでは、危機を制御することなど、どこをどうやっても無理だと考えるべきです。

ナンピンを続ければその内利益を上げられるかもしれません。

しかし、その前にお金がショートしてしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.patguzik.com All Rights Reserved.