www.patguzik.com

この任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲内で補いきれない部分の補償が可能になる凄く重要な保険です。この任意保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という意味合いで機能しますので自賠責保険でまかなえる支払い限度額を上回った際に機能します。さらに、自賠責保険だけでは物的損害に対しては補償を受けることができないので物に対する損害をまかなう場合は加入しておくのがいいと思います。もう任意保険の保険料を納めているクルマを手放す時は、国産車とかアメ車などことは関係なく、残金が還付されます。これは国産自動車を売る場合でも同様です。自賠責保険は通常入ったままにしておくのが通例ですが任意保険というものは皆がかけるものではありませんからキャンセルということになります。それから、中途解約後は今現在 払っている返戻金が返ってくることになります。車の取引が決まった場合でもすぐに加入している任意保険を中途解約するのはリスクがあります。勿論、すぐさま解約してしまえばその分返ってくる金額は増えますが、車買取のお店が遠方にあるため自ら持っていくことになったケースでは任意保険に入っていない状態で車の運転をすることになります。緊急事態を考えて、必ずこの先自分で自動車の運転をすることはないという状況になる時まで契約のキャンセルはすることのないようにする必要があります。車を処分しすぐ他の車両を購入するのだったら良いのですが仮にずっと乗らない状況が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時間がある場合以前加入していた時の保険の等級が下がってしまい、保険料の額が上がります。この場合であれば「中断証明書」というものを提示してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」を使えば、最長10年は解約前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。これは、13ヶ月以内は発行してもらうことができるので、もう愛車を売却していて、「中断証明書」を発行されてもらっていない状況でしたら保険の提供元やその代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。もしもあなたが他の車を購入して、その後前に乗っていた中古車を処分してもらうのでしたら任意保険の契約は一方のみのとなります。保険の契約し直しという対応ですから、運転する予定のある車の場合は売却までには注意しましょう。また、任意保険の保険料は車両次第で額が多少変化してきますから、車買取時は任意保険の内容を見直すチャンスなのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.patguzik.com All Rights Reserved.